障害者のために

2019年6月 3日 (月)

東京2020大会公認プログラム「daijobu Communication Book」

渋谷区✕ MERRY PROJECTによる

東京2020大会公認プログラム「daijobu Communication Book

が素晴らしいです。

News_20180402_daijobu_025

  • 発行:渋谷区オリンピック・パラリンピック推進課
  • 協力:渋谷区障害者福祉課
  • 制作:NPO法人 MERRY PROJECT

 

9つの障がい、

視覚障がい/聴覚障がい/肢体不自由/内部障がい/知的障がい/発達障がい/重症心身障がい/精神障がい/高次脳機能障がい

について、カラフルでグラフィカルな図解や絵を使って、

わかりやすく説明しています。

 

このページからダウンロードできます。

http://www.merryproject.com/activity/daijobubook/

 

 

重症心身障がいの説明はこちら

News_20180402_daijobu_0111

 

画像を使って良いとの許可をいただきました。

皆様に広く知っていただきたいです。

 

2017年8月 7日 (月)

東京都休養ホーム事業

暑い!!

涼しい高原に行きたい!!

昨年の夏も、同じセリフを梅雨明けと同時に聴いた気がします。(セリフの主、いつまでたっても宿を予約するでもなく、あれこれ調べるのは…)

今年は、5月から6月にかけて、次男が肺炎で入院、その後なかなか本調子に戻らず。また、梅雨宣言後の天候不順もあり、夏休みという気分にもなれずにいました。ようやく、体調も回復、暑さもまた厳しくなってきました。そこで飛び出したのが、昨年と同じセリフ。

予定もチョコチョコ入ってきて、空いているのは、最もハイシーズンの時期。こんなに出遅れて、どこかに行けるのでしょうか。

次男の体調を考えると、遠出はできないけれど、関東平野は広いので、涼しい高原は遠いのです。

妥協できる時間距離で探してみますが、なかなか適当なところが見つかりません。(お値段とバリアフリーと、条件が難しい。)

今日はもう探すのやめようと思った時、「東京都休養ホーム事業」を思い出しました。

2015kyuyouhome_jpg_2

一昨年、東京都休養ホーム事業を利用し、清里に行ってきました。そういう施設ならば、きっと大丈夫だろう(もう、あれこれ調べるのにも疲れた)と。お値段もリーズナブル。なんとか、2泊確保できました。ほっ!

しかし、あまりに直前、助成は受けられるのかしら?    ここまでが8/6の話

[結果報告]

やはり、「締め切り過ぎています」と、そうだよね。「団体は利用日の3週間前、個人は利用日の2週間前まで」だそうです。

詳しくはこちらの車椅子お出かけ応援サイトの説明が一番よくわかります。

次回は、早めに行動を起こそう!!

でも、毎回ギリギリにならないと、決められません。先々週くらいまでは、「とにかく無理せず無事に」、という感じでしたから。

2017年4月 9日 (日)

着せやすいコート

身体障害者の脱ぎ着が楽な服、子供のものは、そこそこ可愛い物があるのですが、大人のものはなかなかありません。

サイズが大きければよいというものでもなく、ジャージでは、ちょっとねぇ。

手足が長く、体がかたい。特に腕が伸びにくいので、着せにくいのです。着せやすいコートをいろいろ工夫してきました。

今回、j's marketにお願いしました。Js_market1


肩から後ろ側の袖付け、脇にかけて、ファスナーで開くようになっています。

腕を曲げたまま、一度、その開いた部分にひじを入れ、次に袖を通し、ファスナーを閉じます。

2着をリフォームしてもらいました。

1着目は、ユニクロのジャケット。ちょっと細身なので、袖下と脇に伸縮性の布地を取り付けてもらいました。

それだけでは、まで着せにくいので、肩から後ろの袖付け、脇にファスナーを取り付けてあります。(上の二枚の写真)

11_2
12_2

下の写真は、ラグラン袖のコート。ラグラン袖の後ろ側の袖付けから脇にかけて、ファスナーで開くようになっています。

2

2016年11月12日 (土)

小児版ケアラーズノート

すぎなみ重度心身障害児親子の会・みかんぐみをご存知ですか?

いろいろな活動をしていますが、その中に、「病気のある子供をケアする人のための『ケアラーズノート』を作成」があります。当事者であるたち親たちの、「こんなものがあれば!」という実体験を元にしているそうです。

現在その資金を求めています。下記がそのクラウドファンディング

https://readyfor.jp/projects/10239

以下、みかんぐみHPから引用させていただきます。

「親のための小児版介護者手帳作成にご協力ください!」

皆様にお願いです。

みかんぐみでは、NPO法人UPTREE様と共に、病気のある子供をケアする人のための「ケアラーズノート」を作成したい!と話し合いを重ねて来ました。
当事者である私たちの、「こんなものがあれば!」という実体験を元にしています。
中身の準備は整いましたが、しかしながら資金が不足しています。。。
このノートを必要としている人の元へ届けるために、ノート製作に皆様のお力をお貸しください。

賛同いただける方は、下記のリンクからご協力ください!

https://readyfor.jp/projects/10239

2016年9月17日 (土)

あったかダウン俊ちゃんのポケットひざ掛け・予約受付中

「あったかダウン俊ちゃんのポケットひざ掛け」

いよいよ来週、できあがります。

ただいま予約受付中

本チラシもできました。HPをご覧ください。

(画像が大きすぎてここには載せられませんでした。)

2016年9月 8日 (木)

とっても暖かい「ポケットひざ掛け」発売再開!!

軽くて暖かいダウンの「あったかダウン俊ちゃんのポケットひざ掛け」の発売再開します。

このたび、考案者の俊ちゃんママのご厚意により、ひつじ企画で発売することになりました。

「ポケット」というのjは、足を入れるところがポケットになっているのです。ですから、足がとってもあったかいのです。

ただいま、お布団屋さんで制作中です。10月には販売できる見込みです。

お楽しみに

1

2016年7月21日 (木)

とってもおしゃれなカニューレホルダー

おしゃれな姪っ子には、カニューレホルダーも可愛くなくちゃ!!
そんな叔母様の思いがこもった素敵なカニューレホルダーです。
一つ一つ手作りです。
Heartmade_omote
Heartmade_ura_2





2016年6月30日 (木)

車椅子用レインカバー

梅雨の時期、車椅子での外出には気の重い季節です。

「雨の中、果敢に完全防備で出かける」という選択はしないものの、どうしても出かけなければいけない時もあります。基本は、車で移動するとしても、車までの間に、雨具が必要になります。

車椅子の背中の角度を45度以上倒した状態で座っているため、普通の雨合羽では顔がずぶぬれになってしまいます。車椅子ごとすっぽり覆うビニールのレインカバー(よく、ベビーカーで使っているものの大型版)は、荷物になってしまいます。

これ、というものがないので、今は自転車用のレインポンチョを使用し、顔の部分だけ、傘をさしかけ、という感じでしのいでいます。

同じような悩みを抱えた友人が、撥水の布でおしゃれなレインカバーを作りたいというアイディアを話してくれました。現在試行錯誤中。

今年の梅雨が明ける前に、間に合うでしょうか。

雨の中、ガンガン出かける方には、M&Rるーむの車椅子用レインカバーがよさそうです。

M&Rるーむでは、他にもブーツや水着、いろいろ素敵なものがたくさんあります。