« 2017年6月 | トップページ | 2019年4月 »

2017年8月

2017年8月21日 (月)

2017夏の家族旅行

2泊3日で「休暇村・奥武蔵」に行ってきました。体調を考え、一昨年は清里、昨年は河口湖、今年はそれより近いところ(結果的には吾野になりました)を探しました。

6月の入院以降、なかなか体調が安定せず、夏休みの計画など、全くたたない状況でした。8月に入り、体調も回復、親は疲れて、「温泉でノンビリしたい」気分になりました。

突然、「来週どこかへ行こう」ということになり、一番のハイシーズン!

場所(時間距離)と設備と日にちと予算、なかなか決めきれない、しかも、決めた宿が気に入る保証もないのです。条件の整った宿というのは、お値段も高いという傾向にあります。「お風呂に入ってゆっくりしたいだけなのに、この値段?」と思うと、決めかかねてしまいます。

 

 

検索に疲れたころ、ふと思い出したのが「東京都休養ホーム事業」のこと。その対象の宿ならば、大丈夫だろう、という安易な考えで、出発日の9日前の夜にネット予約しました。前も後も空いていない、2泊だけ取れました。

貸切風呂があることは、HPなどには、どこにも書いてありませんでした。しかも、予約した部屋は風呂なしの和室。(直前予約の無謀者です。)

実際には、ハンディキャップ専用の貸切風呂(有料)がありました。普通の家族風呂とは異なり、だれでも利用可能というわけではなかったので、予約も取りたい時間に取れました。(2泊とも、他の利用者はいなかったようです。)

直前過ぎて、「東京都休養ホーム事業」の助成は受けられませんでしたが、一人分の食事代、障害者割引き(本人と付き添い一人、それぞれ11500円引き)を引いてくれたので、飲み物、昼食代(雨でほとんどどこにも出かけず宿でノンビリ)、貸し切り風呂の利用料を入れても、最初の値段以下に収まりました。

 

今回は、結果オーライでしたが、次回は、もっと余裕をもって出かけたいものです。

 

画像は後でアップします。

2017年8月 7日 (月)

東京都休養ホーム事業

暑い!!

涼しい高原に行きたい!!

昨年の夏も、同じセリフを梅雨明けと同時に聴いた気がします。(セリフの主、いつまでたっても宿を予約するでもなく、あれこれ調べるのは…)

今年は、5月から6月にかけて、次男が肺炎で入院、その後なかなか本調子に戻らず。また、梅雨宣言後の天候不順もあり、夏休みという気分にもなれずにいました。ようやく、体調も回復、暑さもまた厳しくなってきました。そこで飛び出したのが、昨年と同じセリフ。

予定もチョコチョコ入ってきて、空いているのは、最もハイシーズンの時期。こんなに出遅れて、どこかに行けるのでしょうか。

次男の体調を考えると、遠出はできないけれど、関東平野は広いので、涼しい高原は遠いのです。

妥協できる時間距離で探してみますが、なかなか適当なところが見つかりません。(お値段とバリアフリーと、条件が難しい。)

今日はもう探すのやめようと思った時、「東京都休養ホーム事業」を思い出しました。

2015kyuyouhome_jpg_2

一昨年、東京都休養ホーム事業を利用し、清里に行ってきました。そういう施設ならば、きっと大丈夫だろう(もう、あれこれ調べるのにも疲れた)と。お値段もリーズナブル。なんとか、2泊確保できました。ほっ!

しかし、あまりに直前、助成は受けられるのかしら?    ここまでが8/6の話

[結果報告]

やはり、「締め切り過ぎています」と、そうだよね。「団体は利用日の3週間前、個人は利用日の2週間前まで」だそうです。

詳しくはこちらの車椅子お出かけ応援サイトの説明が一番よくわかります。

次回は、早めに行動を起こそう!!

でも、毎回ギリギリにならないと、決められません。先々週くらいまでは、「とにかく無理せず無事に」、という感じでしたから。

« 2017年6月 | トップページ | 2019年4月 »